Well done!

Just another WordPress site

話題のニュースといえば色々あって一つにはしぼれませんが、大阪の梅田の地下街のことを取り上げてみようと思います。
大阪梅田といえば最近開発が進み、百貨店が多く立ち並ぶエリアです。大阪梅田には多くの電車路線が走り、色々な地域の人がこの大阪梅田にやってきます。ここにくればほとんど用事が済むと言っても過言ではありません。大型家電量販店もありますし、色々な施設もあります。大阪梅田を中心に徒歩10分程度の範囲で、ある程度のことができます。スポーツクラブなどもいくつかあり、会社帰りなどにも寄れるところがたくさんあるといえるでしょう。


そんな大阪梅田の移動には、地下街が便利です。しかし、その地下街は少々複雑で、ダンジョンのようだと言われています。迷う人が続出し、地上にはどこから出ればいいのか分からないともいわれているようです。
雨の日などは傘をささずにかなりの距離を移動できてとても便利なのですが、慣れないと自分の今いる位置が分からなくなる場合があります。それぞれの駅にも改札口がいくつかあるので、思っていた改札口から出ないと全く分からない場所に出てしまったということにもなります。
一度ある程度の地図が頭の中に入ると地下街は便利なのですが、慣れない人にはかえってやっかいなときもあるかもしれません。

最近、テレビで話題になっているニュースと言えば、やはりスポーツ関係ですよね。

スポーツは相撲、テニス、フィギアスケートなど、色々な話題で盛り上がっています。

夜遅くに仕事から帰ってきてテレビをつけ、とりあえずチャンネルを変えていると、スポーツチャンネルに目が留まります。毎日、新しい話題があって仕事の疲れも忘れるくらいに集中して見てしまいます。

休みの日もビール片手にスポーツ番組を見るのって凄く楽しいです。正直言って私はもともとそんなにスポーツには興味がありませんでした。学生時代にスポーツに携わっていなかったのが原因かも知れません。


子供の頃や学生時代ってアニメやドラマなどが魅力的に思えますよね。

ですが、私も就職してそれなりの年齢になってテレビの嗜好も変化してきました。

まずは朝ワイドショーを見て話題のトピックスを確認します。仕事から帰ったら、とりあえずテレビをつけて無意識のうちにニュースを見ています。どんな内容でも構わないのです。今、世界や日本でどんなことが話題になっているのか確認することで社会人として安心感を覚えるのかも知れません。

仕事が忙しくてテレビを見逃しても、その日のトピックス一覧は簡単に確認する事ができます。

社会人にはありがたい時代になったと実感する毎日です。

10月31日って何の日か知ってますか。昔は、何の日だろうと考える人もいたと思いますが、今では、ハロウィンの日と答える人も多いことでしょう。街は、かぼちゃが飾られたり、たくさんのハロウィンイベントが行われたり、テーマパークなどでは、ハロウィンを楽しむイベントが満載です。また、お菓子などはハロウィン仕様になったり、ハロウィンを楽しむパーティーメニューが作られたりもしています。そんなハロウィンがここ数年、日本では仮装も力を入れるようになってきました。特に、若者の仮装は、年々、増えています。今年は、特に仮装した若者がニュースになりました。


それは、渋谷の街がハロウィンの仮装した若者でいっぱいになっていたのです。ワールドカップの時は、日本代表のユニフォームを着た若者で賑わってた場所がお化けやお姫様、かぼちゃに動物、様々な姿に仮装した若者でいっぱいでした。日本でもハロウィンが認知され楽しむものになってきているのです。10月は、イベントもなく、経済活動も盛り上がる要素もなかったのに、ハロウィンと言うことで購買意欲も上がり、活動的になり良い傾向なのかなと思います。ルールを守り、ハロウィンを楽しむことが大切なのかなと思います。そして、ハロウィンが終わったら、クリスマスに向けての商戦がスタートするので、それはそれで楽しみです。

飲食店のニュースで今話題となっているのが、チーズケーキお店です。このところずっと海外からくるスイーツが話題となっていて、ドーナツやカップケーキやパンケーキなど、行列ができる飲食店に注目が集まっていました。今度は濃厚で、中身がとろーりのチーズケーキがフィーバーしているようです。外側は、弾力のあるケーキなのですが、中身がとろーりとした半熟状態というのが、このケーキのポイントとなっています。味が濃厚なのにくちどけが良いのも、このケーキならではの美味しさです。クセになってしまいそうな味で、いくつでもいけちゃいそうです。


飲食店ニュースでは、またまた海外スイーツが上陸しました。今度はどこか懐かしいあじわいのパイです。パイは常時18種類あるというから驚きです。アップルパイやミートパイなど、その日の気分でセレクトしたくなります。サクサクしたパイに濃厚でジャンクな感じのフィリングがたまりません。人気ナンバーワンは、アップルパイです。しゃきしゃきしたリンゴが、パイのサクサク感をより引き立てます。イートインスペースもあるので、コーヒーといっしょに合わせて食べたいものです。こだわりのバターを使用した絶品のパイは毎日食べたくなります。

日本代表はブラジルで残念な結果でしたが、サッカーで頑張っている人たちを見ると元気が出てきます。毎朝、スマホでサッカーのニュースを見るのが楽しみです。サッカーの情報は国内外のサッカー情報サイトやサッカー選手やジャーナリストのSNSから集めています。
それにしてもいい時代ですね、多少の英語ができれば毎日新鮮なサッカー情報が読みきれないほど入手できます。動画や画像もたくさんゲットできるので、飽きることなく毎日楽しんでいます。サイトやSNSの更新情報はまとめてRSSで新須できるようにしているので、ニュースを見るのはもっぱらRSSリーダーからです。


スマホを使ってRSSで更新されたサイトやSNSをチェックしていきます。スポーツ新聞を以前は買っていたのですが、より詳しい情報がいち早く入手できるので最近はスポーツ新聞を買うことはなくなっています。スマホですから混雑したバスや電車でも邪魔にならず見ることができます。
海外の情報は日本国内の情報とは比較にならないほど詳しくデータが揃っています。日本のサッカー報道もデータや数字がもっと提供されるようになることを期待しています。SNSでサッカー選手やジャーナリストに直接コメントを送れるのも楽しみの一つです。

老若男女を問わず、現在日本でフィギュアスケートの人気は高まっています。かつて、スター選手は1人しかいなかった時代もありましたが、現在は幅広い年齢層の選手が活躍し、毎年10月から始まるシーズンは、フィギュアスケートファンにとってたまらない季節となります。毎月、世界各国で行われる国際大会に必ず日本人選手が登場するようになり、会場にも多くの日本からやってきたファンが見られるようになったのです。そんな中、先日行われた大会であるアクシデントがあり選手同士がぶつかってしまう出来事がありました。誰もが選手が棄権すると思ったに違いありません。


しかし、その選手は数分後再びリンクに姿を見せました。普段は、柔らかい表情をした選手なのですが、真剣な眼差しでリンクに挑む姿は、人々の心に大きなインパクトを残しました。しかもこの選手、これだけのことがあったのにも関わらず、2位と言う成績をおさめ、表彰台に上がることができたのです。翌日のニュースは、この話題でもちきりでした。多くの人は、彼の姿を見て感動し涙を流したのです。私もその一人でした。フィギュアスケートは、美しいエンタテイメントだと思っていました。しかし、実はエンタテイメントではなく、激しいスポーツなのです。

2014年11月8日に上海で行われたグランプリシリーズ男子フリー直前の練習中の事故のニュースにはびっくりした。試合直前に最後の練習を行う為に試合に出る選手6名が一斉にスケートリンクの上で練習始めるのだけれども、あれだけの人数と勢いですべっていてよくぶつからないといつも感心して見ていたのだけれども。やっぱり、事故の危険性はあったんだと改めて思った。映像を見てみると衝撃がすごかったらしく、ぶつかった後は両選手ともふらふらしていたし、しばらくすると羽生選手は頭に包帯をして顔色も青白くなっていた。ぶつかった選手は棄権すると放送されていたし。


それでも、相手選手も羽生選手も棄権することなく試合に出場。羽生選手は総合2位で相手選手は6位入賞。お互いにすごいレベルの選手同士が事故をおこしたんだと理解できた。もし、ぶつかるような事故がなかったらもっとお互い今よりいい成績を残すことができたかもしれないと思うと残念。でも、精密検査で全治2~3週間のけがをしていたのだからどれくらい体がしんどかったことか。本当によくがんばったと思うし、テレビの前で感動で目がうるうるしてしまった。でも、やっぱり無理は禁物。脳震盪はかなり怖いことらしい。プロ選手なら一般人にはだせない速度ですべっているからすぐに精密検査は必須だったらしい。やはり、事故がおこらないことが一番ですね。

安楽死。今、話題のニュースですよね。これはすごく難しい問題だなと思います。簡単に賛成・反対できることではないなーと感じます。もし、自分が余命宣告された当人だったら、苦しくて辛いから楽にさせてと思うかもしれません。でも、家族や周りのことを考えると簡単には安楽死なんてできないかもしれません。逆に自分の大切な人が安楽死を望んでいても、賛成すべきか反対すべきかなんて決めることはできません。今回ニュースになった方は安楽死を選びましたが、人それぞれの価値観や考えは違って当たり前なので、どの意見が正しい・間違っているということは一概には言えませんよね。


私が最初にこのニュースを知ったとき、余命宣告を受けた本人が決めたことだし、本人にしか分からない気持ちや考えがあると思ったので、安楽死するという選択も間違ってはいないだろうと思っていました。しかし、安楽死に関する別の記事を調べてみると、余命宣告を受けた若い女性が最初は安楽死を望んでいたが、担当医師との会話から生きる希望を見つけ出し、その後80歳になる現在も元気に生きているという海外の記事を読んで、さらにこの問題は難しいと感じました。人は誰とも関わらず1人きりで生きている人は誰もいません。自分自身、周りの人々、全ては人との関わりで生きているということを前提として考えていくべき問題だと思います。

最近、テレビや週刊誌などのニュースを見ていて感じることがあります。それは、スポーツ選手達の活躍を報道しているニュースが増えてきたな、ということを実感してきています。特にウィンタースポーツは前回の冬季オリンピックで日本人選手が金メダルを取ったこともあるせいか、とても活気が出てきているように感じます。
普段スポーツを見ない人でも、こういった選手達の頑張りを見ているうちに自然と応援したくなったりする方も多いのではないでしょうか。
実はコレ、個人的にはとても素晴らしい傾向にあるのではないか、と思っています。


誰かを応援するという気持ちは、とても前向きな感情です。自分が後ろ向きな気持ちになっている時にはなかなか人のことまで考えられず、ましてや応援するなんていうことはそうそう出来るものではありません。
スポーツ選手の熱気溢れる戦いや素晴らしい演技は、多くの人を心を動かし、感動も与えてくれ、尚且つ前向きな気持ちにさせてくれるものだと言えるのではないか、そう思ってしまいます。
数年後には東京オリンピックの開催も決定しています。スポーツニュースを見ることで、様々な面で日本の人達が元気になっていけば良いなと思う、今日この頃です。

エボラ出血熱のニュースが今、全世界で注目されています。この病に罹ってしまい、発症してしまうと高確率で死亡してしまうのです。今のところ8か国で感染が確認されており、6か国で死亡者がでています。ウィルスの潜伏期間は2から21日とされており、第1期は高熱、頭痛、筋肉痛、咽頭炎、全身衰弱が起こります。第2期におう吐、下痢、発疹、多臓器不全が起きます。また吐血、皮下出血が体の複数でおこり、死に至ってしまいます。発症した患者の血液、体液にふれてしまうと感染してしまいます。なので衛星管理を徹底していくことが最大の予防とされています。


日本でも今までエボラ出血熱の疑いの方がでてきており、男性2名、女性1名(11月10日現在)が確認されました。いずれも陰性でしたが、これが陽性だったら日本国中に広まってしまう可能性がでてきてしまいます。日本ではエボラ疑いがあると国立国際医療研究センターなど45の医療機関が指定医療機関となっており、これらの機関では全身防護服を着ての訓練を行っています。そして感染を防ぐための対策も多数たてられています。国民一人ひとりがエボラ出血熱に対する知識をもち、正しい判断できるようにならなけらばいけないようになりました。